休眠口座

休眠口座の定義りそな銀行の取り決め

青空

休眠口座になるのは多くの銀行では5年間以上取引がない口座となります。

ところが、りそな銀行だけは他の銀行と異なり、独自の取り決めを行っています。 そのため、りそな銀行をご利用している方は、他の銀行と同じように考えないでください。

以下ではりそな銀行の休眠口座に関する取り決めについて説明していきます。

・りそな銀行の休眠口座の定義

先ほども述べたように、一般的な銀行は5年の間利用者が利用しなかった口座を休眠扱いとします。
りそな銀行はこの規定を5年ではなく、2年の間利用者が使用しなかった口座を休眠扱いとするのです。
そのため、他の銀行に比べますと休眠口座になってしまうのが早いので、休眠口座にしたくないのでしたら注意が必要です。 休眠口座となることが決定された場合、りそな銀行はその旨を利用者の家に書類でおしらせします。

・休眠口座の管理料

他の銀行ではあまりみられないのですが、りそな銀行は休眠口座の管理料がかかります。
りそな銀行が休眠口座のお知らせを送ったにもかかわらず解約などの手続きがされない場合は、休眠口座の管理料がとられるのです。 管理料はその休眠口座の中に預けられていたお金から年間1200円ずつ引き落とされることになります。
その引き落としが残高不足で不可能となった時点でその口座は自動的に解約されるのです。

このようにりそな銀行は休眠口座の取り決めに関しては他者と違った取り決めを行っています。
休眠口座になってしまうのが他社に比べると早いので、注意して利用していきましょう。