休眠口座

ほったらかしにすると没収されるの?

没収

銀行は利用者が5年以上利用していない口座を休眠として扱います。

そのため、口座内に預けられていたお金をATMなどで引き出すことはできなくなってしまいます。 利用者が銀行に対して預けたお金を返して欲しいという債権が5年の時効で消滅してしまうので、そのお金は銀行の物となってしまっても問題はありません。 とはいえ、ほとんどの銀行はそういった利用者のお金を没収するということはありません。
所定の手続きを行えば、休眠していた口座内のお金はきちんと返してくれるので、あまり心配しなくても大丈夫です。

手続きに関しては各銀行によって方法は若干異なってきますが、大体は同じです。
口座の預金通帳と銀行印を持って銀行に行き、いくつかの書類に記入すれば休眠口座のお金はちゃんと戻ってきます。 この手続きに関しては契約した支店に行く必要があったんですが、近年ではどの支店でも対応してくれる銀行が増加してきています。
そのため、うっかり5年以上休眠させていた口座があっても、銀行が全部没収するといったことはありませんのでご安心ください。

また、休眠口座内に預けていたお金に金利がかかるかということもきになる方がいらっしゃるかもしれません。
本当は別につけなくてもいいんですが、多くの銀行はその間の金利もつけてくれるようです。

以上のように、多くの銀行は口座が休眠していても柔軟な対応をしてくれることが多いのです。
そのため、口座を休眠させてしまった方は、責任を持ってきちんと銀行に赴き口座を解約するなりしましょう。 やはり身辺の整理はきちんと行っておいたほうがすっきりするというものです。